妊活・妊娠出産・子育て情報♡知りたいこと何でも

ままひよ

未分類

子育ての目指すところはどこか。どんな子供に育てたい?親子が最高に幸せになる方法

子育ては、楽しく輝かしく、時にもどかしく、まるで大海原の大航海のよう。

勉強ができて、スポーツもできる子供が、子育ての成功といえるのだろうか。

親がやりたかったこと、こうなってほしいと願うことを子供に理想として押し付けてしまってはいないだろうか。

本来、親の願いはひとつ、子供に幸せになってほしいということ。

これに尽きるのではないだろうか。

今一度、どんな子供になってほしいか、どんな子育てがしたいか、どんな人生を歩んでほしいか、考えてみたいと思う。

 

子供にはどんな大人になってほしいか

自分の子供には、どんな大人になってほしいのだろうか。

学力テストの点数がよく、有名大学へと進み、一流企業に入って、エリート生活が約束されている、そんな人生を理想としていないだろうか。

教育熱心な親ほど本来の想いを見失いがちだが、親の本当の気持ちを噛み砕いてみると、以下のようになる。

  • 思いやりのもてる人
  • 自分の信念をもった人
  • 誠実な人
  • 自分のやりたいことを見つけて努力していける人
  • 自分で道を選択できる人
  • 信頼できる人に囲まれ、幸せに暮らす人
  • 毎日笑って生きていける人

エリートだったり、王道とも言えるような理想像が必ずしも子供にとっての最高とは言えない。

子供は、本来無限の可能性を秘めていて、その子その子に合った特技や趣味、心から楽しい、幸せだと思えることがあるはずだ。

心に素直に、自由に生きる、これが子供の幸せな人生、生きる醍醐味、原動力になるのではないだろうか。

子供は誰かと比較されることで、常に満足できず不安と戦い、競争社会に見舞われることになります。

他人との比較はキリがなく、そんな暗い日々を送るよりも、自分の成長にこそ目を向けて毎日明るく楽しく、笑って幸せに暮らしてくれれば、それが何よりの親の幸せでもありますね。

それに気づけたならば、どんな子育てをしていけばよいか、自然と見えてくるはずです。

 

色々な経験をさせる

色々な経験をさせることで、人生の選択肢が増えます。

経験値が少ないと、感じる心が養われず、自分の心の声に耳を傾けることが難しくなり、感情の乏しい人になってしまいます。

そもそも、経験が少ないと、知識量も少なく、物事を考える選択肢の幅や思考回路が狭くなり、正しい選択ができなくなります。

経験とは、どのようなものがあるのでしょうか。

  • 五感を刺激する
  • 四季を感じる
  • 色々な場所へ出向く
  • 色々な人に会う
  • 自分で選択をする
  • 様々な失敗をして学ぶ

すべてが経験です。

毎日違う体験をさせる、そのくらい刺激があっても良いと思います。

  • いつも同じ道ではなく、違うルートを通る。
  • 毎日色々な食材、色々な味の料理を食べる。
  • 釣りをして、料理をする。
  • 動物園、水族館、博物館、美術館へ行く。
  • 日本の伝統芸能を習う。

何でも一通りやってみる。

豊富な実体験・経験は、もっと知りたいという意欲に繋がり、その子の人生に広がりを与えます。

親としてできることは、何でも経験させること、やってみたいということに何でもチャレンジさせること、それに尽きます。

ポイント

自分で選択した以上、子供は自分の行動に責任を持つようになります。

失敗しても、なぜそうなったのか?なぜそれを選んだのか?親が質問してみることで、自ら考える力がつき、自己分析力も高まります。

 

こどもが最高に幸せになる!5つの方法

親の究極の願い、子供が幸せになる方法について考えてみましょう。

子供は、本来生まれ持った才能があり、みな天才です。

その原石をいかに磨くか、だめにしてしまうかは、ズバリ親次第。

幸せになる5つのポイント

  • 親から愛されているという安心感を与えること
  • その子の努力を認めてあげること
  • 「みんな違ってみんないい」人と比較しないこと
  • 昨日の自分より今日の自分が成長していると思えること
  • 幼少から自分で選択をさせ、正しい選択の訓練、そして自分の選択に責任を持ち、自分の人生を切り開くことができる人になること

勉強も大事だが、遊びから学ぶことで、遊びと勉強の境界をなくし、自然と勉強好きにさせる。

無理強いはしない。

親の育て方ひとつで、子供はいくらでも勉強好きになり、どれだけでも調べごとをし、実験をし、日々学び、賢くなっていくのです。

子供の花を咲かせる手助けをする、それが親ができることです。

今、親である自分にできることは何があるかな、と思いを巡らせ、考えてみるのもいいですね。

 

-未分類

Copyright© ままひよ , 2021 All Rights Reserved.